スポンサードリンク
カスタム検索

2008年10月19日

舌癌・舌癌症状(初期症状) とは?放射線治療の進歩 ガン遺伝子

 

舌癌・舌癌症状(初期症状) とは?放射線治療の進歩 ガン遺伝子

について

 ガン遺伝子は、すべての人が1組の染色体それぞれに1個ずつ、合計

2個あります。正常な状態ではRNA(細胞の増殖を促したり、ストップ

させたりする信号を核へ伝えるたんぱく)をつくっています。

しかし、突然変異などでガン遺伝子に異常がおこるとRNAにも異常が生

じ、癌発症の引き金になるのです。

 遺伝子の塩基の並びが1箇所だけ崩れてしまう点突然変異があります。

すい臓がんの8割にラス遺伝子の点突然変異がみられます。大腸がんの

4割にラス遺伝子の点突然変異がみられます。

 2個ある遺伝子が増幅して50個、100個と異常に増える増幅のパ

ターンがあります。

 ガン遺伝子が別の場所へ移動してしまう突然変異のパターンが転座と

呼ばれるものです。

 ガン抑制遺伝子に突然変異が起きてガンが発生するパターンもありま

す。
 
 
舌癌症状(初期症状)・画像検査と放射線治療

ガン遺伝子の突然変異・ラス遺伝子の点突然変異・転座

舌癌・舌癌症状(初期症状) とは?放射線治療の進歩 ガン遺伝子

についてでした。

健康情報、病名情報の館 舌癌・舌癌症状(初期症状) とは?放射線治療の進歩 ガン遺伝子

 


posted by kase at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。