スポンサードリンク
カスタム検索

2008年10月19日

慢性腎臓病(CKD)とGFR

慢性腎臓病(CKD)とGFR  について

 GFR とは、すべての糸球体において血漿が濾過される割合のことです。

基準値は 100〜150[ml/min]です。

 日本腎臓学会の「慢性腎臓病(CKD)診療ガイド」によると、GFRが

1分あたり60ml以下であるか蛋白尿または病理、画像診断、検査などで腎

障害があると認められたかのいずれかかが3ヶ月以上持続している場合は、

慢性腎臓病と診断されます。

 GFRが低下すると脳卒中、心筋梗塞などの心血管系の病気を引き起こす可

能性が高くなります。

 今や血液透析患者は25万人を超え、毎年1万人以上増え続けています。高

血圧を下げるだけでも、GFR数値が確実に改善できます。高血圧治療に使わ

れる降圧薬の中には腎臓を保護する作用やタンパク尿を減らす効果のものも

あります。


         

目       次





腎臓病の程度を検査するクレアチニン・クレアランス法

慢性腎臓病(CKD)とGFR

腎臓病とむくみ

尿を観察 多尿 乏尿 尿の色

腎臓と レニン 高血圧

たんぱく尿と血尿

慢性透析療法

腎臓病症状と食事療法

泡立つおしっこ

腎不全と透析療


腎臓病治療 病院 京都府

エネルギーの確保

9種類の必須アミノ酸

腎細胞がんに分子標的薬が承認されました

腎臓病治療 病院 大阪府

腎臓病治療 病院 鳥取県

腎臓病治療 病院 島根県

腎臓病治療 病院 岡山県

腎臓病治療 病院 広島県

腎臓病治療 病院 山口県

腎臓病治療 病院 長崎県

腎臓病治療 病院 佐賀県

腎臓病治療 病院 福岡県

腎臓病治療 病院 大分県

腎臓病治療 病院 宮崎県

腎臓病治療 病院 熊本県

腎臓病治療 病院 鹿児島県

腎臓病症状と食事療法 タンパク尿

腎臓病症状と食事療法 クレアチニン

腎臓病症状と食事療法 尿検査


posted by kase at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。