スポンサードリンク
カスタム検索

2008年11月10日

抗がん剤治療の効果が大きい小細胞がん



抗がん剤治療の効果が大きい小細胞がん

について

小細胞がんは発育が早く、小さなうちから転移をおこしやすいがんです。

発育が早いために発見されたときにはすでに進行しており、手術よりも抗

がん剤治療や放射線療法が非常に有効なことが治療上の特徴で、この点で

他の肺がんとは治療上の対応が異なり、抗がん剤の治療が主体になること

の多い肺がんです。

 抗がん剤による化学療法は全身治療です。小細胞がんには抗がん剤の効

果が著しいことから、化学療法は小細胞がんに対するもっとも一般的な治

療です。

 抗がん剤は通常、2種類以上を使用します。治療期間は、通常3~4週を1

コースとして複数回繰り返します。毎週抗がん剤を投与する治療も行われ

ています。

 抗がん剤による治療は化学単独で行うこともありますが、最近は、手術

や......小細胞がんは抗がん剤の治療が主体になることの多い肺がんですが集学的治療も行うを訪ねてみませんか?


肺がん初期症状 抗がん剤治療(化学療法) 放射線治療


抗がん剤治療の効果が大きい小細胞がん

についてでした。

健康情報、病名情報の館 抗がん剤治療の効果が大きい小細胞がん

 
posted by kase at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。