スポンサードリンク
カスタム検索

2009年10月28日

インフルエンザ脳症の早期の症状

 新型インフルエンザにより、インフルエンザ脳症を発症することが

あります(小児にでは特に懸念されます)。

インフルエンザ様症状(発熱等)に加え、

A 呼びかけに答えないなど意識レベルの低下が見られる

B 痙攣発作が30 分以上持続した状態や痙攣発作を繰り返し30 分以上  意識が完全回復しなかったり、痙攣後の意識障害が続く

C 意味不明の言動が見られる。

このような症状がみられた場合、医療機関を受診することが大切。

 強い解熱剤(例:ボルタレン、ポンタールおよびこれらと同様の成分

の入っているもの)は、インフルエンザ脳症の予後を悪化させるので、

必ず解熱剤は、かかりつけの医師に相談して用いることを厚生労働省新

型インフルエンザ対策推進本部は呼びかけています。

  • インフルエンザ脳症の早期の症状
  • posted by kase at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/131438572

    この記事へのトラックバック


    • 無料SEO
    くる天 人気ブログランキング
    キーワードアドバイス
    ツールプラス

    URL

    サイトタイトル

    ディレクトリ登録
    by ホームページ登録

    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
    カテゴリ
    タグクラウド
    過去ログ
    健康情報、病名情報の館 FX
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。