スポンサードリンク
カスタム検索

2010年08月07日

子宮頸癌Cervical cancerは検診で予防!

 子宮頸部扁平上皮癌はヒトパピローマウイルス (HPV) という

ウイルス感染が原因で引き起こされる。性交経験のある女性

では誰でも感染の可能性がある。ほとんどの女性は感染履歴が

あるとされる。

 HPV に感染しても約90%の女性は2年以内に自然消失する。

HPV に持続感染するとその一部で子宮頸部の細胞に異常(異形成)

を生じ、10年以上の歳月の後、感染者の1%以下が異形成から子宮

頸癌になる。

 だから、定期的な子宮頸癌検診により、異形成の段階で発見・

治療すれば癌の発症を未然に防ぐことができる。

子宮頸がん治療
タグ:子宮頸部 HPV
posted by kase at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158771113

この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。