スポンサードリンク
カスタム検索

2011年03月27日

心筋(しんきん)とストレス蛋白

心筋(しんきん)とストレス蛋白

について

 心筋は、細胞の区分はなく、細長く伸びて内部に筋原繊維の並んだところに複数の核を持つ

合胞体となってます。外見上規則正しい横紋がみられるために横紋筋(おうもんきん)と呼ばれ、

ミトコンドリアが非常に多く存在しており、心筋のエネルギーの大部分をまかなってます。

  ラットを用いて、ストレス(熱処理)をかけることによりストレス蛋白

を誘導した心臓を24時間後に虚血状態とした場合は、ストレス(熱処理)を

加えなかった場合と比べると回復の程度は良好な結果を示したとの研究が

あります。

  • 心筋を保護するストレス蛋白・Heat shock protein


  • 熱ショックタンパク質は分子シャペロン (Molecular chaperone)です


  • 心筋保護における分子シャペロンとその誘導及びγδTCR活性化機構の解明


  • ヒートショックプロテイン

    心筋(しんきん)とストレス蛋白

    についてでした。

    健康情報、病名情報の館 心筋(しんきん)とストレス蛋白







    posted by kase at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック


    • 無料SEO
    くる天 人気ブログランキング
    キーワードアドバイス
    ツールプラス

    URL

    サイトタイトル

    ディレクトリ登録
    by ホームページ登録

    リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
    カテゴリ
    タグクラウド
    過去ログ
    健康情報、病名情報の館 FX
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。