スポンサードリンク
カスタム検索

2011年05月09日

斎藤佑樹投手(日本ハム)筋挫傷(肉離れ)で全治2、3週間

斎藤佑樹投手(日本ハム)筋挫傷(肉離れ)で全治2、3週間

について

 日本ハムの斎藤佑樹投手(22)は9日、札幌市内の病院でMRI(磁気共鳴画像)検査を受け、

左内腹斜筋の筋挫傷(肉離れ)で全治2〜3週間と診断され、2軍での調整登板を経て1軍復帰を

目指す。

 筋挫傷(肉離れ)は、筋肉や腱が打撃または無理に伸ばされることによって生ずる症状です。

筋挫傷はアイシング(冷却)することによって、腫れを最小限に抑えます。チャンプラップなどの

伸縮包帯を強めに巻き、怪我をした脚や腕を心臓よりも高い位置に上げておくことも大切です。

 筋挫傷は再発しやすいので、心配です。


斎藤佑樹投手(日本ハム)筋挫傷(肉離れ)で全治2、3週間

についてでした。

健康情報、病名情報の館 斎藤佑樹投手(日本ハム)筋挫傷(肉離れ)で全治2、3週間




posted by kase at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。