スポンサードリンク
カスタム検索

2011年05月26日

内臓が溶けるアルコール性急性膵炎・胆石性急性膵炎

内臓が溶けるアルコール性急性膵炎・胆石性急性膵炎

について

内臓が溶けるアルコール性急性膵炎・胆石性急性膵炎

について

 膵臓は、食べ物の消化に必要な膵液の分泌や血糖コントロールを行う。

急性膵炎は、いろいろな原因で活性化された膵酵素によって自分の膵臓が消化されてしまい、

膵臓やその他の主要な臓器に炎症と障害が引き起こされる病気。

 最近20年で4倍ほどに急増し、年間およそ57000人。

おなかや背中の激しい痛み、それに伴う吐き気が主な症状。

 トリプシン [trypsin]の活性化が他の消化酵素を次々と活性化させ、

アルカリ性の膵液が膵臓を溶かし、さらに進むと周辺臓器も溶かす。
 
 原因のトップは飲酒です。もう一つは胆石が詰まることによるもの。

アルコール性膵炎の再発率は32・4%と3人に1人。胆石を取り除いて

しまえば再発の恐れがない胆石性と異なり、アルコール性は飲酒習慣を

改めない限り、慢性化する危険も高い。

 膵液の分泌を盛んにする油の摂取も控えた方がいい。2〜4週間程度の

入院が必要になる。炎症を起こした膵臓は半年ほどで回復する。

とはいえ、一度溶けた膵臓はもろく破れやすくなっており、再発が多い。

急性すい炎と慢性すい炎はアルコールが原因のトップで、みぞおちあたりの腹痛と背中の痛みで判断
特発性膵炎とアルコール性慢性膵炎
すい臓がん症状とすい臓がん名医



内臓が溶けるアルコール性急性膵炎・胆石性急性膵炎

についてでした。

健康情報、病名情報の館 内臓が溶けるアルコール性急性膵炎・胆石性急性膵炎




posted by kase at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。