スポンサードリンク
カスタム検索

2011年07月11日

犬をがんから守るには

犬をがんから守るには

について

 ゴールデン・レトリーバー、ボクサー、ジャーマン・シェパード・ドッグ、

エアデール・テリア、スコティッシュ・テリアなどががんにかかりやすい犬種。

グレート・デン、セント・バーナードなどの大型犬は、骨肉腫を発症することが多い。

コッカースパニエル、スコティッシュ・テリアは、悪性黒色腫の発症率が高い。

 水道水を、犬に与える場合は、沸騰させ湯冷まししてから与えるのが理想的で、

ミネラル・ウォーターまたは浄水器を通した水を与える際には、基準をクリアした

ものを選ぶとともに、ペットフードにも気配りが必要で、人間が食べれないような

廃棄原料をペットフードに使用していることもあり、安全とは呼べないような

ペットフードが出回っています。

 寒さや暑さだけでなく、飼い主と離れて暮らす生活は、犬にとって寂しいものです。

外で飼う場合でも、犬が快適に暮らせるような配慮が必要です。

 主従関係をしっかりと教え、散歩をさせ、乳腺のしこりの有無を調べ、

扁桃などにしこりや潰瘍がないかチェックし、定期的に健康診断を受けさせることが

必要です。

犬をがんから守るには

についてでした。

健康情報、病名情報の館 犬をがんから守るには


posted by kase at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。