スポンサードリンク
カスタム検索

2011年07月21日

サラサラおかゆに潜む誤えんの危険



サラサラおかゆに潜む誤えんの危険

について

 高齢の方は、サラサラおかゆではなく、マヨネーズくらいのとろみがあるおかゆを!

サラサラのおかゆの場合は、米粒をかんでいる間に先に液体部分がのどの奥に落ちます。

のどの奥は気管と食道に分かれていて、食道を閉じて、気管が開いた状態になっています。

呼吸をするため通常は気管が開いた状態ですが、ごはんを食べると、気管にふたがされると

同時に食道が開いて、胃へと送られます。 

 米粒をかんでいる間は飲み込むことができないので、その間は気管入り口周辺のくぼみ

である梨状窩(りじょうか)に、液体などを一時待機させておき、あふれそうになると

のどにある神経が感知して、脳へ知らせるので脳から命令が下され、飲み込むのです。

 加齢などによって神経の感度が鈍くなると、気づかない間に梨状窩(りじょうか)から

あふれてしまう。これが、サラサラおかゆに潜む誤えんの危険です。

 誤嚥性肺炎は、細菌が唾液や胃液と共に肺に流れ込んで生じる肺炎で、再発を繰り返します。

再発を繰り返すと耐性菌が発生して抗生物質治療に抵抗性を持つため、多くの高齢者が死亡する

原因になっています。

 高齢の方は、サラサラおかゆではなく、マヨネーズくらいのとろみがあるおかゆを!

NHKためしてガッテン「門外不出!料亭おかゆ秘技・奥義一挙大公開」より



サラサラおかゆに潜む誤えんの危険

についてでした。

健康情報、病名情報の館 サラサラおかゆに潜む誤えんの危険


 


posted by kase at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。