スポンサードリンク
カスタム検索

2011年07月27日

手足口病の患者数 西日本で過去最多


手足口病の患者数 西日本で過去最多

について

 子供を中心に夏に流行する「手足口病」の患者数が、10日までの1週間で3万人を超え、

過去30年間で最も多くなっていることがわかった。

 国立感染症研究所が約3000か所の小児科からの報告をまとめたところ、手や足、口

などに湿疹ができる「手足口病」になった人は、10日までの1週間で3万人を超えた。

一医療機関あたり9.7人と82年の調査開始以来最も多く、佐賀県、福岡県など西日本で

増加している。

 手足口病は、主に4歳くらいのまでの子供がかかるウィルス性の感染症で、多くは数日で

治る軽いものだが、まれに髄膜炎や脳炎などで重症になることもある。

 ここまで、手足口病の患者数、過去最多 西日本で増加より

 「リンゴ病」と呼ばれる感染症「伝染性紅斑」の患者も増えてるので、2〜9歳くらいの子供

さんや妊婦の人は気をつけましょう。

 日本医師会 手足口病のページ

手足口病の患者数 西日本で過去最多

についてでした。

健康情報、病名情報の館 手足口病の患者数 西日本で過去最多


 
posted by kase at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。