スポンサードリンク
カスタム検索

2011年09月15日

クレアチニン検査とたんぱく尿検査

クレアチニン検査とたんぱく尿検査

について

 クレアチニンは、筋肉中のたんぱく質が代謝された時に発生する老廃物です。

腎臓機能が低下すると、クレアチニンの体内に残る量が増えます。腎臓のろ過機能が

どれくらい残っているかがパーセンテージでわかる検査がクレアチニン検査です。

 血小板の作用による血液凝固、動脈硬化や糸球体炎による炎症で糸球体でろ過を

している穴を塞いでしまうため、クレアチニンの体内に残る量が増えるのです。

こうなると、たんぱく質は漏れでなくなることがあり、たんぱく尿検査では見つける

ことができないことがあります。


クレアチニン検査とたんぱく尿検査

についてでした。

健康情報、病名情報の館 クレアチニン検査とたんぱく尿検査


 
ラベル:糸球体
posted by kase at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。