スポンサードリンク
カスタム検索

2011年10月07日

尿管結石で入院1週間程度・小沢一郎氏

尿管結石で入院1週間程度・小沢一郎氏

について

 小沢一郎・民主党元代表(69)の入院先の日本医科大付属病院(東京都文京区)の

福永慶隆院長と本間博医師は7日、記者会見し、小沢氏の病名について「左尿管結石」と発表した。

経過観察中で、1週間程度の入院が必要という。

 小沢氏は6日午後10時半ごろ、激しい腰痛と嘔吐(おうと)のために自宅に救急車を呼び、

同病院に搬送された。

 ここまで、小沢氏は左尿管結石、入院1週間程度 病院が会見より


 尿路結石は、尿路に形成される硬い固形物で、痛み、出血、尿流障害、感染などを引き起こし、

その位置によって、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石などと呼ばれ、結石は、高血圧や短小腸症候群

などの病気がある人、食事が高タンパク質の人、水分の摂取が不十分な人などで多くみられます。
 
 大量の水分(約300ミリリットル用のコップで1日8〜10杯)を飲むのが最大の予防法です。食事の

カルシウム量を抑え、リン酸セルロースナトリウムを服用するのも予防になります。

 高カルシウム尿症という状態がみられ、尿に過度のカルシウムが排出される場合は、

ヒドロクロロチアジドなどのサイアザイド系利尿薬で尿中のカルシウム濃度を下げ、新たな結石形成

を予防します。

 ルバーブ(大黄)、ほうれん草、ココア、ナッツ、コショウ、お茶などシュウ酸塩を多く含む食品

の過剰摂取や腸の病気が原因で起こる尿中のシュウ酸塩濃度が高い状態がみられる人は、食習慣を

変えることが予防に役立ちます。尿酸結石には、肉、魚、鶏肉を控えた食事がよい。

 体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や外科手術で取り除く方法もある。

尿管結石で入院1週間程度・小沢一郎氏

についてでした。

健康情報、病名情報の館 尿管結石で入院1週間程度・小沢一郎氏

posted by kase at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名・症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229373511

この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。