スポンサードリンク
カスタム検索

2011年10月13日

昆布ダシ/礼文島香深浜利尻昆布をアミノカルボニル反応で甘く香ばしい香りの熟成昆布に


昆布ダシ/礼文島香深浜利尻昆布をアミノカルボニル反応で甘く香ばしい香りの熟成昆布に

について

 大坂城を築城する際、ぬらした昆布のぬめりを利用して巨石を運んだとされ、大阪に

昆布文化が定着したきっかけになったらしい。江戸時代、北海道南部と関西の日本海岸を

結んだ北前船が昆布を大坂に運び、敦賀で熟成昆布が作られるようになった。

 京都の老舗料亭で使う、「メープルシロップ」「桃」「ナッツ」「綿菓子」などの甘く

香ばしい香りがする熟成昆布「幻の昆布」を、家庭でたった1時間で生み出してしまうウラ技を

紹介したNHKためしてガッテン。

 昆布の街・敦賀で、礼文島香深浜利尻昆布を温度や湿度を完ぺきに管理した蔵で数年間寝かせた

熟成昆布で作る昆布ダシは、甘く香ばしい香りがして昆布のうまみそのものが味わえる昆布ダシ。

 利尻・羅臼・真昆布のいずれか昆布に日本酒をつけ、オーブンで110℃・1時間加熱すると、

昆布のヌルヌル成分=多糖類が糖の断片となり、昆布内のアミノ酸と反応するアミノカルボニル反応

で熟成昆布が作れると紹介した。

 焼きムラを防ぐため昆布をハサミで2〜3p角に切り、日本酒をつけた昆布を、オーブン天板に

重ならないよう並べる。



昆布ダシ/礼文島香深浜利尻昆布をアミノカルボニル反応で甘く香ばしい香りの熟成昆布に

についてでした。

健康情報、病名情報の館 昆布ダシ/礼文島香深浜利尻昆布をアミノカルボニル反応で甘く香ばしい香りの熟成昆布に



posted by kase at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。