スポンサードリンク
カスタム検索

2011年10月27日

バレニクリン 禁煙外来 禁煙治療施設 アリ脳 ドーパミン

バレニクリン 禁煙外来 禁煙治療施設 アリ脳 ドーパミン

について

 禁煙成功率約8割の禁煙補助薬バレニクリンは、禁煙外来など禁煙治療施設

として認められている保健医療機関を受診することが必要です。バレニクリンには、

禁煙時のイライラなどの離脱症状を緩和する効果と、タバコを吸ってもおいしいと

感じさせなくする効果があります。

 タバコを吸っている人は日常の喜びが感じにくい状態にあります。喜びを補っていた

タバコを単に取り去っただけでは、喜びは未完成のまま。不完全な喜びを完成させてくれる

タバコについつい手が伸びてしまい、再喫煙しまう脳の仕組み。

 NHKためしてガッテンでは、タバコを吸えば、強烈な快楽が即座に得られるということを

脳が学習し、また快楽を得ようと、記憶として強く刻んでいるからだという。

 タバコを吸うと、ニコチンがアセチルコリン受容体の8割を占拠して快楽物質ドーパミン

が強制的に放出されます。ドイツやフランスなどの研究チームが快楽と関わる脳の部位である

線条体の活動を精密に測定し、比較した結果、タバコを吸っている人は、日常の喜びが感じにくい

状態にあると分かった。

 京都大学などの研究チームの調査で、禁煙に挑戦する過程での脳の変化が明らかになりました。

今の快楽を重視する「キリギリス脳」からより将来の喜びが待てる「アリ脳」へと変化した。

 より将来の喜びを待てるようになれば禁煙の成功率が高まる事になります。禁煙外来では、

フューチャーペイシング法のカウンセリングを行っている病院もあります。禁煙は、

禁煙専門・認定指導者がいる医院・病院で受診、または、禁煙外来など禁煙治療施設として

認められている保健医療機関を受診すると禁煙補助薬バレニクリンの利用ができます。


バレニクリン 禁煙外来 禁煙治療施設 アリ脳 ドーパミン

についてでした。

健康情報、病名情報の館 バレニクリン 禁煙外来 禁煙治療施設 アリ脳 ドーパミン


 


posted by kase at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。