スポンサードリンク
カスタム検索

2011年12月06日

トランス脂肪酸 使用減少 パイ 菓子パン ケーキ カレールー 飽和脂肪酸が増加

トランス脂肪酸 使用減少 パイ 菓子パン ケーキ カレールー 飽和脂肪酸が増加

について

 トランス脂肪酸は大幅に使用減少したが、飽和脂肪酸が増えていることが分かった。

動脈硬化の原因になる脂肪の取り過ぎに引き続き注意することが大切だ。

 内閣府・食品安全委員会が昨年、マーガリンやショートニングなど30品目を調べたところ、

06年度の40品目に比べ19〜95%減少。特に業務用ショートニングで9割前後も減った。

トランス脂肪酸は含まないが飽和脂肪酸の多いパーム油が原料として多く使われるようになったからだ。

 島崎弘幸・人間総合科学大教授は「トランス脂肪酸だけではなく、脂肪全体の取り過ぎに注意しないと

糖尿病や肥満の原因になる」と話す。油脂の研究で知られる菅野道広・九州大学名誉教授も

「トランス脂肪酸による日本人の心疾患リスクは小さい。各種栄養素をバランスよく食べることが

健康維持の原点だ」と強調する。

 トランス脂肪酸:使用減少 洋食に多く、心疾患の原因/原料シフト「飽和」は増加

トランス脂肪酸 使用減少 パイ 菓子パン ケーキ カレールー 飽和脂肪酸が増加

についてでした。

健康情報、病名情報の館 トランス脂肪酸 使用減少 パイ 菓子パン ケーキ カレールー 飽和脂肪酸が増加

  

 

 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238971346

この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。