スポンサードリンク
カスタム検索

2012年09月24日

トキソプラズマ感染 妊娠中感染 生肉 ガーデニング 猫のふん



 妊娠中に肉を生で食べたり、ガーデニングなどの土いじりで赤ちゃんに重大な影響を与えかねない

寄生虫「トキソプラズマ」感染。妊娠中に初めて感染した場合、胎盤から血液を介して胎児に感染する

可能性があり、胎児が感染すると、脳や目に障害が出ることがあります。重症な例は、年間5例ほど

報告されています。

日本におけるトキソプラズマ症/矢野明彦/青才文江/野呂瀬一美【RCP1209mara】

 妊娠中にトキソプラズマに感染しているかどうかを検査する重要性を訴えている、三井記念病院の

小島俊行医師。妊娠後の感染が疑われれば、トキソプラズマが胎盤から胎児にうつるリスクを

減らす薬を出します。

 小島医師は「お産まで薬を飲み続けることによって、重い病気の割合が7分の1くらいまでに

減ると言われています」と話しています。妊娠初期に検査をするのが一般的で、

検査費用1000円前後で受けられます。水頭症等の重い病気のリスクを減らせます。

 ユッケやレバ刺し等の生肉、生ハムやレアのステーキでも感染することがあります。

猫のふんが混じった土をいじることで感染する可能性があります。妊娠前に感染していれば、

体の中にすでに抗体が出来ていますので、基本的には問題ありません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。