スポンサードリンク
カスタム検索

2012年10月31日

マイコプラズマ肺炎 大流行 耐性菌

お得用マスク やや小さめ 60枚入




 マイコプラズマ肺炎の患者数が大流行だった昨年1年間の患者数をすでに超え、過去最高を記録。

マイコプラズマを主な原因とした呼吸器系の感染症で、幼児期、学童期、青年期(5歳から35歳)が中心。

患者数は最新の1週間(10月15〜21日)に600人。これまでに計1万7949人の感染報告があり、

昨年1年間の報告人数を1293人上回った。

 主な症状は、乾性〜湿性の咳が長期にわたって続き、発熱、痰、のどの痛み、鼻症状などで、

初秋から冬に多発します。



 エリスロマイシン(EM)、クラリスロマイシン(CAM)、アジスロマイシン(AZM)等従来の薬が

効かない耐性菌に感染する患者が増えています。感染研が今年2月に5府県約30人の入院患者が

感染した菌を調べたところ、8割が耐性菌だったという。

医療現場でも使われている不職布マスク不織布マスク クリフマスク404型(4層・活性炭入) いす...

 耐性菌で発症した場合でも、従来の薬を飲めば熱は2日程度長引くが、効果はあるという。

耐性菌に効く薬、ミノサイクリン(MINO)は副作用が強い。予防策はマスクの着用や手洗いが有効。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。