スポンサードリンク
カスタム検索

2008年02月22日

大腸ファイバースコープ バーチャル内視鏡

 

大腸ファイバースコープ バーチャル内視鏡

についての

ブログ紹介です。

 マルチスライスCTや高分解能MRIの画像データを

用いて、あたかも実際の内視鏡検査を行っているような

擬似的内視鏡検査をバーチャル内視鏡といいます。膨大

な画像データを3次元的に処理するコンピュータが使え

るようになったことで実現しました。

 大腸に空気を入れて腹部のCTをとり、大腸の内腔の

画像をコンピュータで作成することで検査します。

内視鏡やバリウムを体に入れず、大腸の中を調べること

ができます。大腸に癒着のあるケースには最適です。

検査前日は検査専用の食事と下剤を使用します。

検査前に200mlほどの下剤を飲みます。そのうえで、

座薬を挿入して排便します。肛門部より空気を入れて

CTをとります。検査時間約10分です。

内視鏡手術 を訪ねてみませんか?

大腸がん症状

大腸ファイバースコープ バーチャル内視鏡

についてでした。

posted by kase at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。