スポンサードリンク
カスタム検索

2008年02月23日

前立腺がん症状とPSAマーカー検査 生検

 

前立腺がん症状とPSAマーカー検査 生検

についての

ブログ紹介です。

 1980年代にPSA(前立腺特異抗原)という

腫瘍マーカーの測定ができるようになって、

早期の前立腺がんが発見されやすくなった。


 PSAは前立腺の細胞から分泌されて、血液中に増加する

タンパクです。ただし、他の前立腺疾患でも高い値になります。

血液検査でPSAの値を測るだけの簡便な検査なので、前立腺がんの有無

をふるいわける検査として普及しています。

腫瘍マーカーの数値が4〜9まではグレーゾーン。10以上になると生検

が必要です。

 生検とは、細い針で前立腺の細胞を採取し、がん細胞があるかどうかを

詳しく調べる検査です。機器が進歩したので、苦痛は少なく、簡単に実施

できるようになりました。

 前立腺がんの進行度にはAからDまで4段階ありますが、手術の後、5年

以上生存している人の割合はA期で90%、B期でも80%あります。

生検・前立腺がんの進行度
前立腺がん症状

前立腺がん症状とPSAマーカー検査 生検

についてでした。

健康情報、病名情報の館 前立腺がん症状とPSAマーカー検査 生検



posted by kase at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。