スポンサードリンク
カスタム検索

2008年03月04日

腹腔鏡検査と腹腔鏡下手術 胆のう摘出術が日本最初の術

腹腔鏡検査と腹腔鏡下手術 胆のう摘出術が日本最初の術

について

 腹腔鏡下胆嚢摘出術が日本最初に行なわれたのは1990年5月末

です。腹腔鏡下胆のう摘出術で負担の少ない手術の道が開けました。

開腹手術では筋肉などを切るため、患者の負担が大きい

ですが、腹腔鏡下手術は負担が少なく、40分程度の手術

で翌日には歩ける程に快復できます。


 モニターに映し出される腹腔内を見ながら、別の穴から入れた

器具を操作して手術し、へその下にあけた孔から取り出します。

 腹部に穴を開けるといっても、全身麻酔をかけて行う

ので痛みは感じないし、傷の治りも早い。

 開腹手術では腹部を大きく切開するので、大きな傷跡が

残るが、腹腔鏡下手術なら、穴を開けた部分に小さな傷跡

が残るだけで、その傷跡も時間がたつと目立たなくなる。

 子宮筋腫腹腔鏡手術など大いに活用されています。

胆石症状

胆嚢癌症状

腹腔鏡検査と腹腔鏡下手術 胆のう摘出術が日本最初の術

についてでした。

健康情報、病名情報の館 腹腔鏡検査と腹腔鏡下手術 胆のう摘出術が日本最初の術



posted by kase at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。