カスタム検索

2011年11月16日

非特異的腰痛 脳が誤作動 認知行動療法 ストレス軽減

非特異的腰痛 脳が誤作動 認知行動療法 ストレス軽減

について

 腰痛患者の85%が非特異的腰痛と言われている。原因不明と言われてきた腰痛の

多くに精神的な問題が深く関わっていることが分かってきた。ストレスを感じ続ける

と神経伝達物質の分泌に異常が生じ、身体と脳の間で情報が正確に伝わらなくなってしまい、

脳が誤作動を起こし、通常なら痛みを感じない小さな腰の痛みを強い痛みとして感じてしまう。

 真面目・几帳面・頑張り屋などの性格が大きく関わり、非特異的腰痛の腰痛スパイラルに

落ち入ってしまうことも。

 福島県立医科大学付属病院では腰痛を心と体という2つの側面から診て治療する方法の

リエゾン治療に取り組んでいる。整形外科で痛みを和らげる治療・筋力回復のためのリハビリ療法

で腰痛治療を、心身医療科で物事の受け止め方を変えることで、対処の仕方・行動を変え、

心理的ストレスを軽減する認知行動療法で腰痛を治療する。

 趣味を持ったり、興味のあることを行うなどしてストレスが軽減されると脳が機能を回復し痛み

を過剰に感じなくなる。物事の受け止め方は、長年の「考え方のクセ」なので、ガティブな受け止め方

をしているかを自覚することが重要になる。腰痛に対する受け止め方(考え方のクセ)を治す事だ。

 NHKためしてガッテンでは、11月16日 (水曜) 午後8時 〜 8時43分、驚異の回復!腰の痛み(仮)で、

あなたの腰痛は脳が原因なのか?その見分け方と、あなたにあった腰痛の本当の治し方を紹介する。

リエゾン治療 福島県立医科大学付属病院 認知行動療法 心理的ストレス軽減

 テレビ朝日の最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学でも

2009年2月17日(火)20:00〜20:54放送された。 同番組で、ストレスが

原因の腰痛でで車椅子生活になっていた女性に対し、医師が、

「心理学の本を読み、自分にあてはまること、共感したことを抜き書きするように」

と指示した時に映っていた本は著者名:加藤諦三 出版社名:大和書房の


非特異的腰痛 脳が誤作動 認知行動療法 ストレス軽減

についてでした。

健康情報、病名情報の館 非特異的腰痛 脳が誤作動 認知行動療法 ストレス軽減



  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。