カスタム検索

2011年11月18日

腰痛の治療 側坐核 オピノイド ストレス 脳


腰痛の治療 側坐核 オピノイド ストレス 脳

について

 脳の中で痛みを制御してくれる側坐核の機能低下により、鎮痛物質のオピノイドが分泌されない

ので強い腰痛を感じる。腰から来る痛みの信号を抑えていたのが、抑えがきかなくなってしまう。

 側坐核はストレスが続くと機能低下し、働かなくなる。側座核は好きな食べ物や音楽、におい

等を積極的に取り入れることで、働きがよくなる。鎮痛作用が高まるのだ。

 オーストラリアのビクトリア州で、腰痛患者が減少したのは、家で安静にしているよりも、

ふだん通りの活動を続けるように住民にメディアを通じて広報したからだ。

 自分の好きなことをしたり、考えたりすることが、腰痛の治療になるという新常識を、

2011年11月16日のNHKの「ためしてガッテン」は伝えた。
 

腰痛の治療 側坐核 オピノイド ストレス 脳

についてでした。

健康情報、病名情報の館 腰痛の治療 側坐核 オピノイド ストレス 脳

  


  • 無料SEO
くる天 人気ブログランキング
キーワードアドバイス
ツールプラス

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録

リンクが自動増殖オートリンクの登録はこちら  by オートリンクネット
カテゴリ
タグクラウド
過去ログ
健康情報、病名情報の館 FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。